Latest From Our Blog

アーンドメディア

現在で情報発信の主流となっているアーンドメディアという仕組みですが、アーンドメディアはSNSを使用して情報を発信していく流れとなっています。SNSの正式名称はソーシャルネットワークサービスと呼ばれており、代表的なものを上げるとfacebookやツイッター等になります。しかし、アーンドメディアという仕組みの情報発信は文字数も制限されており、検索される能力も低いので単体では広告効果を期待するのは難しくなっています。そのため、オウンドメディアのサポートが欠かせないのです。オウンドメディアを使用するとサイトやブログ上でアーンドメディアを後悔していくので、アーンドメディア単体で紹介するより効果が期待できるのです。

また、アーンドメディアをオウンドメディア内で使用することでそのサイトやブログの人気を引き上げる等、相乗効果も引き出す事が可能です。アーンドメディアだけでは心細いので、オウンドメディアを使用しようという流れですが、結果的にお互いに良い効果を生み出してくれるという環境を作り出してくれるのです。またアーンドメディアで沢山の注目を集めて、それをオウンドメディアに載せることによって、早期の広告効果を期待する事も可能です。

ペイドメディア

まずは、ペイドメディアという仕組みになるのですが、こちらは広告という役割を果たしています。広告はバナー広告だったり、リンク広告だったりと、興味を持った人を関連しているサイトに誘導する役目を持っています。しかし、ペイドメディア単体では見る人の関心を引くのは難しく、どんなに良い広告のデザインを作成しても、どんなに興味を持ってもらえる言葉にリンク先を広告として貼っても誰も利用してくれないのです。そのため、オウンドメディアという大元の情報発信を対応してくれる物が必要になるのです。オウンドメディアではブログやサイト等本格的なアピールができるので、そのサイトにペイドメディアという仕組みを載せることで、効果を出す事が出来ます。

ペイドメディアは広告としてオウンドメディアで作成したブログやサイトにデザインのように貼りつける事が可能になります。そのためオウンドメディアで作成したサイトやブログに、どのようにペイドメディアの広告を貼りつけるかで、広告の効果というものも違ってくるのです。またオウンドメディアで作成したブログやサイトの人気を上げるための役割をペイドメディアは果たしてくれるので、お互いに相乗効果を生み出して、それぞれの役割を引き上げる事が可能になるのです。

オウンドメディアを知る

現在のIT社会でよく聞く言葉にオウンドメディアという仕組みがあるのですが、そもそもオウンドメディアとはどういった役目を持っているのかという事が気になる方多いと思います。オウンドメディアの基本は自分の会社や個人事業でWebサイトやブログ等を作成して、情報を発信していく行動となっています。そのため、沢山あるメディアを統合してハブの役目をするとなっています。現在メディアは様々ですが、ただメディアを作るだけでは情報の発信ができないのです。情報の発信をするためには大元となる物が必要になり、その役目をしているのがオウンドメディアという事になります。統括役として働いてくれていると考えると分かりやすいかもしれません。

次に、オウンドメディアで情報として発信するなかでポイントとなってくる物にペイドメディアとアーンドメディアがあり、3つを併せてトリプルメディアとも呼ばれています。どれを欠かしても成功しないことから3つのメディアをそれぞれ必要な存在として関係が作られています。オウンドメディアはサイトやブログを作成して情報を発信していくことから、文字制限に縛られない、レイアウトは自由という読む人の関心を引き付ける事ができるという役割もできるのです。オウンドメディアは沢山の情報量がいきかうIT業界では重要なポジションにあり、ペイドメディアとアーンドメディアを支えているのです。ペイドメディアとアーンドメディアという仕組みをこれから紹介します。